今より大きな心で。

泰然自若というか。雄大な富士山の麓にいると心が洗われる。
こんなところでのライディングレッスンは気持ちが良いけれど、
繊細な神経を絶え間なく使うバイクに対して、いつも富士山は悠々として見える。

だけどその逆に、富士山は実に繊細で、バイクはおおらかと思うこともできる。
バイクを、おおらかに扱うこともできる。
心のあり方ひとつで、モノの見え方は大きく変わるし、扱い方も変えられるもんだ。

KRSのレッスン手法に変化はない。
けれど確実に少しづつ変わっている。
富士山が年輪を重ねているように、KRSも牛歩ながら前へ進んでいる。

受講生の皆さんとともに。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 11:14 AM
2017年6月
« 4月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930