喫煙者が悪いのではなく、分煙していないのが困る、年の瀬。

年末の忙しい時に、あるいは仕事納めでホッとしている時に、こんな写真は「つまんな〜い」でしょうが、臆せずまたまたアップしちゃいます。写真としては実に平凡過ぎてすみません。

これは海老名SA(上り線)にあるトイレ。といっても大半の方が使うメインの施設ではなく、そのちょうど反対側(道路に則した位置)の施設。私個人としては比較的、利用者が少なく、落ち着いていて、ホッとする場所です。

でも私にとって、とても残念なことがひとつ。

ここに灰皿を2つ設置しているので喫煙者が来ます。多い時は4人も5人もモコモコ・モウモウしてます。すると私はそそくさと退散するはめに。さすがに煙の中にずっと居たくはないのです。淹れ立て式自販機による、とても美味しいコーヒーの香りも台無しになるし。

喫煙が悪いといっているのではなく、タバコを吸わない人が、e6b5b7e88081e5908dsae381aee596abe78599e5a0b4e68980ここで「ゆっくり」できないことが残念なのです。特に雨の日なんかは、レインウエアでビショビショになっているためSAの施設内で脱いだりできず、まして脱いだものを置いておく場所がないので、ちょうどここがベストなのです。雨が降っていなくてもバイクライダーは休憩時にヘルメットやウエアを脱いだりしますしね。テーブルがあると助かる訳です。テーブルは2つの灰皿のちょうど中央です。渋滞情報モニターが設置されているので、これを見たい場合も「ケムリ」とつき合わされるわけです。

要するに、この建物の右か左脇に「喫煙専門の部屋」を、ここにも設置して欲しいという訳です。逆に「非喫煙ライダー専門の部屋」があればもっと理想ですが・・・、それは無理だろうね、と。濡れたレインウエアでもヘルメットでも入れて問題がない新設計のコインロッカーがあって、ゆっくりと食事や買い物ができる、なんてのが理想ですけどね〜。

祝祭日や連休時は高齢者や子供の多くも、朝夕ではメインの建物が非常に混んでいるのでここを使います。で、ここを子供が通過します。タバコの火の温度は正確にはわかりませんが吸っている時に700度にも達するとか。つまり、とても危険。

タバコを吸った人が手を下ろした高さに子供の目がある、という場合もあります。トイレに駆け足で入って行く子供も実際にいるわけですし、家族と一緒で興奮している子はなおのこと周囲へ注意力が払えません。

ちなみに新東名:清水パーキングにある綺麗な喫煙室はタバコのJTが設置したものだとか。もちろん他のSAやPAにもありますが。

SAやPAの施設には「ご意見箱」がありますが、何も反応がありません。

ということで皆様、年末年始のツーリングで、こんなことを思っているレアなヤツが居ることを忘れていただいてもいいから、安全で楽しい時間をお過ごし下さいね。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 5:05 PM

嬉しいこと。2014年度は笑顔でもっと進化して行きたい。

ライディングレッスンを受けられた受講生からメールを頂いた。
すごく嬉しいので、さっそく一部割愛して転載させたいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライディングレッスンに参加しましたKと申します。

残念ながら家族との約束がありまして午前だけで失礼させていただきました。
また、柏先生にはご挨拶もせず失礼してしまい恐縮しております。
たった3時間のレッスンでしたが自分にとりましては大変有意義な時間となりました。
中型二輪の免許をとったのは20代前半ですが、原付を除けば免許取得34年にして初めての二輪ライディングです。
しかも納車されたのは今年の10月ということで、まだ慣らし運転も終わっていません。
参加するまでは参加者も若い方が多く54歳の自分など年寄りの方だと思っていましたが、
どうしてどうして自分などより歳上の参加者も数名いらっしゃって驚きました。
さてレッスンの方ですが、堂々とエンストできるのがこんなに気を楽にさせてくれるものなのかとおもいました。
1.5時間の左右フルステアの練習で行きと帰りのコーナーリングには技術的にも精神的にも雲泥の差があることが
自分でもわかりました。
バランスの取り方がまだ上手くできず、停車寸前でふらつくことも多いのですが、
低速での基本練習こそ上達のコツという柏先生の教えを肝に命じてこれからも練習に励みたいと思っています。

機会があればまた参加させていただきたいと思っていますのでその節にはよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上が、メールの内容です。
簡単なことだけど、見逃しがち、軽視しがちなポイントを、しっかりとフォーカスして練習をしていただきました。
普通に発進して、普通に止まる。この当たり前に上達のヒントがたくさん隠されています。

しかも、頑張らない方が早く安全に楽しく上手くなるという柏メソッドも一緒にお持ち帰り戴きます。

2013年はあと少し。年内にお会いできる受講生にも精いっぱい、柏メソッドを楽しんでいただきたいと思うし、
2014の新しい年に、新たに出会うであろう受講生にも精いっぱい、笑顔とセットで安全な上達ノウハウを
提案させていただきたいと思っています。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 12:00 PM

年末を笑顔でお過ごし下さい♫

12月4日は本年度最後の「朝霧高原イーハトーブの森:一水青空会」でした。「イーハトーブの森」は2014年1月〜3月まで路面凍結による事故防止のため営業はお休みです。2014年4月から、皆様のお越しをお待ちしています。

で、12月4日はKRS受講生用レンタルバイク(新規大古車TT250R)で、このタイヤセクションを越えましたが、前輪がほとんどタイヤから離れないでクリアするバージョンや、あえて前輪を高く上げるバージョンなどワイドバリエーションはできませんでした。

3回アタックしただけですが、一発で前輪浮遊:低・中・高の3バリエーションできるぐらいならいいんですけど、まだまだなんだなあ。つまり、これが私の臨界点というわけ。愛車セロー君ならもっと・・・、といういい訳は無用。どんなバイクでもスイスイとできるぐらいが理想かな。無理せず、笑顔で思い切り楽しいと思える次元を繰り返して走るのが長く続けられる秘訣と信じております。

で、
私の役割は初心者ライダーに楽しく笑顔で怪我をせずに基礎技術を高めてもらうこと。これ以上の高難易度技術は各分野のエキスパートをご紹介させていただきます。KRSそして「一水青空会」のスタンスは「オンロードもオフロードも、車庫からバイクがスイスイ取り出せて日常生活で安全快適なバイクライフができること、峠道でハラハラせずに疲れずに無事故で帰宅できること、オフなら障害物走破で前輪がこれくらいのアップで十分」としておりますのでご了承下さい(笑)。といいつつ、この時に笑顔だったらと思うと少し残念。どんな時でも笑顔でできたら最高ですね。e38182e38195e3818ee3828ae382bfe382a4e383a4

この写真を見て「俺の方が上手い」と言う方がいたら、私へのツッコミは無用です。そのエネルギーで、一人でも多くの方の安全と楽しさのために良きアドバイスをしてあげて下さい。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 1:58 PM
2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031