06ダカールの上映会満員御礼

受講生の皆様、このたびは06ダカールラリーの公式映像上映会および忘年会に多数ご参集頂き有難うございました。

06年度なので最新映像ではありませんが、ラリーの素晴らしさは不変です。

仕事の都合などでこられなかった皆様、また開催したいのでその時は是非ともお集まり下さい。

KRSのコンセプトは不変です。
いつまでも安全に楽しく走り続けるための、さまざまな知恵を皆様へご提案し、ともに創造していくことです。

30年にわたるジャーナリスト経験や世界中のラリーで培ってきたさまざまなノウハウをお伝えしたい。そして着実にステップアップされた時の笑顔から、より効果的なノウハウが生まれ、皆様に提案できる。そんな好循環を展開していきたいと願っています。

大空へ向かって自由に舞うための、確かな翼。

それがバイク、それが皆様の心に支えられた体および技と思います。
東京のど真ん中でも、果てしない地平線を走るときも、心はいつも豊かで、温かでありたい。

KRSがスタートして約1年。1980年代からライテク記事を書き続け、1万人を超える方々へダイレクトにライテクをお伝えしてきました。
2010年はさらにKRSを進化させていきたいと思います。

どうかこれからもKRSを宜しくお願いします。

皆様にとりまして2010年がさらに素敵な年となりますように。

KRS代表 柏 秀樹

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 4:12 AM

チェンマイその2

チェンマイの林道も良かったけれど、ワインディングもオンロードバイクできっちり堪能できそうですね、案内役を務めてくれた服部キヨテルさんと西荻窪の超古風な喫茶店でお話しをしたら、オンロードツアーもやりますか!というではありませんか。海外の林道だとビビル方がいらっしゃるかもしれませんが、タイのワインディングならタイハンの方がスイスイ行けるかも。タイって日本と同じ左側通行だし、混雑した市街地でも皆さん事故がないようにスイスイと滑らかに走っているので意外に怖くなかったし、たとえばレンタルバイクでカワサキのER-6Nあたりをブイブイ走らせると日本では味わえない大きな快感が味わえるかも。だって、本当にチェンマイの山の中はとてつもなく深くて、空気の味が違うからね。とことん大自然が堪能できる。今回のレンタルバイクKLX250でも十分にワインディングを楽しむことができたし、KLXの乗り心地の良さにゾッコンでした。サスの動きが柔らかくてグッドなシートとのバランスも絶妙だったなあ。私が借りたレンタル車両はステアリングヘッドのステムを締め付けすぎていたので、通りかかったバイク屋さんで緩めにリセットしてもらったら、絶好調!これで安心。しかも日本円で修理代300円。物価も安いし、言うことなし。やっぱり、皆さん、オンロードでのツアーもやっぱりタイから、始めタイですね。来春あたり、行きますか?

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 11:31 PM

タイ・チェンマイ・オメデタイ・林道の旅

うーん、実にタイの林道ツアーが楽しかったのですよ。そんなに楽しかったのならなんで帰国後にすぐブログを書かなかったの?と思われるでしょうがスクールが連続したり、原稿に追われたりで、やっと一段落した感じなんです。実はもちろん嘘。楽しかったことを連発するとウチのかーちゃんが五月蠅いし(じゃ、私は別のところへ行く、などと言うし。予算はありませんから、そんな話はよさんか)。同行した方々のきちんとした走りを見るにつけ、タイの林道では何だかワクワク嬉しくなって、終始幸せな気持ちでいっぱいでした。日本のアスファルトロードよりもワインディングは荒れているところもありましたが、カーブではスローインしてカーブの最中はトロトロ走行が基本。直線はそれなりにピーッと飛ばしたところもあるけれど、緑が濃いし、ときどき凄く香りの良い道が何回かあったり、林道がとても長くて、4日間があっという間に過ぎて、あーもうホントに幸せ。パリダカみたいに超ストイックになることはなく、あくまでも自分のペースで走れたし、皆さんも笑顔で走ってくれたし、途中の村で立ち寄った食堂もなかなか美味しかったし、トイレも想像以上に綺麗で、ウオッシュレットみたいな原理だけど、シャワーの柄を持つようにあの場所にシャワーッと吹き付けるのがなかなか難しくて昼間の温かな気温での失敗で背中まで濡れて結構快感しちゃったりしたかもだし。とんでもない超美人が深〜い山村にいたりして同行の独身3名はなんで強くアタックしないのか、おまえら草食系か、と日本語を言っても先方はキョトンとしているけど、やっぱり綺麗で綺麗で不思議なくらいでした。でも、治安は良い感じ。というか危ない感じのところには行かずに林道三昧だったし。今回は乾季の林道ツアーだったのですが、雨季にも行ってみたい気持ち。ヌルヌルツルツルの坂道で七転八倒なんてのは楽しいじゃありませんか。結構な滑る急勾配を頭を使ってアタック。うーん、いいねえ。皆さん、2010年は行くしかないよ。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 9:50 PM
2009年12月
« 10月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031