ガラガラロードで快感ハングオフ!

来る27日の水曜日。世の大半の方はお仕事かもしれませんね。水曜日が休みのバイク屋さんって多いのかな。
ということで、水曜日いかがでしょう?
はい、ワインディングでハングオフの講習です。
ガラガラに空いているワインディングは気持ちがよい。
この上なく気持ち良い。空が青ければもっと最高!
で、自信がない方でも安心確実にハングオフができるようにきっちりアドバイスします。
もちろん安全に走ることが大前提なのでけっして無茶はしません。心配不要です。
普段、忙しくてバイクになかなか乗れずに
たまにはお腹いっぱいになるまで走りたい!という方、
そんなハングリー状態からとことん解放されましょう。
だから、ハングオフ?
うーん、無理があるなこの駄洒落。
ということで軽いギャグ付きの講習になるかもしれませんが、27日水曜日、受講お待ちしていますね。私のスクールを受講したことがある方へのメッセージでした。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 4:13 PM

すちゃらかな私だけど〜

R1に乗って僕がフルステア・フルバンクでUターンしている表紙の2000年2月号ビッグマシンをたまたま懐かしくめくってみたら、平忠彦・柏秀樹による「風道ロマンスペシャル」(浜松)についての読者ページ(P196)に目がとまった。とある読者の投稿記事は「実際の平さんはやはり魅力的な人物で、改めてファンになりました:一部省略:一方予想外だったのは柏秀樹さんのスチャラカぶりでした」というくだり。当たっているようで違うようで、今さらながら嬉しいし、微妙と思い苦笑いしつつ1秒後に爆笑しました。人のイメージはその時のトークですべてが決まるのかもしれません。でもほんの一面でしかないことも多々あります。投稿されたYさん、どこかでお会いできたら駄洒落連発で僕がただのスチャラカではないことを証明したいです(嘘!)。真面目な一面も良かったら知って欲しいなあ。でもどうしても5分に一度、ゆったり調息(これはスクールに来ないとわかってもらえないかなあ)と駄洒落が入ってしまうのは事実だし。やっぱスチャラカなのか。スチャラカではない時の私なんですが〜

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 5:02 PM

サンショウは人生のスパイス!

最近発生した珍事件、それがサンかいにわたるショウ事件。略して

サンショウ事件。一つめは、トレーニングツアーで始めてKRSを受講して

下さったAさん。タンデムでコツをつかんでもらおうと二人乗りをして

走り出したら後ろで「ケラケラ」笑い始めたではありませんか。

どうしたの?と訊いたら「楽しい!」「気持ちいい!」を連発!

まったく飛ばしていないのに、そういってくれて何だか嬉しい。

だってバイクは楽しくてナンボだもの。

2つめは林道トレーニングツアーでのこと。夕方までレッスン、その後は

自由参加ということで夜の林道ツアーという趣味の世界へ。

星が綺麗に瞬く高い山の頂で、ある受講生が「ゲラゲラ」と突然笑い始めたのでは

ありませんか。「ケラケラ」ではなく激しく「ゲラゲラ」なんです。

みんなは心配して「どうしたの?」と訊いたら「だって楽しいんだもん!」

しかもそのゲラゲラがずっと続いてしまって僕は翌日に腹筋が痛くならないか、心配でした。

3つめはスクールを何度も受講してくれていて、今回も僕の運転するバイクで

タンデム経験している受講生。

いつものように走り始めたら「クスクス」笑っているではありませんか。

どうしたの?と訊いたら「やっぱりバイクっていいですね!」だって。

ということでそれぞれにケラケラ、ゲラゲラ、クスクスと笑い方に個性があるけれど、

続けて3回笑われたのはちょっと嬉しい。否、かなり嬉しい。

だってバイクって楽しくてナンボなんだもの。

始めてトライした月曜日開催のKRSでも

ブレーキ徹底講習だったのに、「楽しい!」を連発していただき、

こっちまで嬉しくなりました。笑いまで行きませんでしたが

ガチガチの緊張が取れて素敵な笑顔になっていたので、やりがいを感じています。

ということで笑いが3回、笑いの一歩手前の笑顔が1回なのでサンショウ1引き分け。

人の一生で笑えるのは何回なんだろうか。人によって違うでしょう。

たかがバイクですが、バイクで笑顔だと素敵に見えるだろうなあ。

皆さんも僕も、大好きなバイクで笑っていられるといいなあ。

どんなに凄いテクニックよりもスピードよりも笑顔って価値あるなあ。

笑いが人生のスパイスになればいいなぁって思います。

 

 

 

 

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 1:24 PM

わんちゃん、病んでいるんだね。

近くの犬が時間を問わずワンワン!ちょっとしたことでもすぐに反応する。しかも、一度吠え出すとなかなか止まらない。大型犬なので鳴き声は低めだけど、迷惑千万極まりない。これはもちろん犬が悪いのではなく、飼い主の育て方・躾が問題。まあ、弱い犬ほど吠える、なんて言うけれど、正直言って相当不満が溜まっているんだろう。病んでいるのかもしれない。でも、この犬の無駄吠えは、ウチよりもっと近くに住んでいる人には深刻な問題と思う。
そしてバイクもやっぱり同じ風に思われやすいだろうな。改造マフラーのすべてが悪いとは言わないけれど、あまりにもウルサイ爆音のバイクにまだ出会うけれど、バイクが好きな私でもイヤになってしまう。真後ろにいたらさらに嫌気が差す。当の本人は「いい音だぜ!」なんて思っているかもしれない。でも、大きな音と素敵な音を吐き違えているかもね。場所や時間をわきまえて静かに走るべきときはきちんと静かに走りたいし、大人しく走ってもバリバリ音がするバイクはやっぱりもう少し静かなタイプにして欲しい。これ本音。特に車検がない250cc以下のバイクでウルサイタイプは言うなれば野放し。オートバイは「音倍」(オトバイ)にしないで普通の自動車のようにスイスイスマートに走ってこそカッコいいと思うんだけど。病んでいるわんちゃんとウルサイバイクはどこかイメージがダブってしまう。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 1:26 PM
2009年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031