僕のケイヨン

仕事用のハイエースのために駐車場を借りている。車高が2.3メートルもあるから車庫に入らないのがその理由だが、それこそ新車で買った頃は盗難が心配で心配で盗難保険に入っていても落ち着いて眠ることができなかったことがありました。そこで考えられるだけの盗難対策をしたわけなんです。そもそもクルマやバイクが盗まれやすい場所ってのはどこなのか。そこから真面目に考えなくては、ということから始めました。

盗まれやすいのは、そう、「とうなんの角地」なんですね、はい。おっとこれはメッチャ、しょうもない駄洒落ですね。最初からこれでは、いけませんねえ。

で、場所の問題だけではありません。盗まれにくいようにしなければならない。盗難抑止力こそ大切。そのためにハンドルを固定するものを2つ。これは縦方向と横方向の棒状のロック機構です。ひとつはセットするとダッシューボードに引っかかるのでハンドルが回らないタイプ。もうひとつはハンドルを回すと右のドアに当たって運転を抑止するタイプ。それとワイヤーロックをひとつ。ワイヤーを蛇のようにハンドルに巻き付けています。このワイヤーロックの重いのなんの。ヘビー級なんちゃって。

で、ワイヤーロックは切断すると120デシベルの音が鳴り出します。この3つとは別にドアを無理に開けようとすると警告音がガンガンに鳴ります。これは110デシベルです。以上で計4つです。だから大きなハイエースでも「ケイヨン」と呼ぶとか呼ばないとか(あー、またまたつまんない駄洒落でゴメン!)。とまあ非常に面倒くさい盗難防止対策をしているために、走り出すまでカギの解錠のために3分以上掛かっていました。慣れるとこれがまたメチャ早くできる!これが快感になる!?はずがない。

で、ある時、悲惨な目に遭いました。ワイヤーロックのカギが上手く回せない!なんで急ぐときにこうなるの!慌てるほどカギが上手く回りません。焦ります。だからアメリカの商品でも製造が◎◎製なので駄目なんだよねと怒りを押し殺して冷静に作業して、やっとこさ走り出すことができました。こんな手間を考えると指先の指紋認証しないとエンジンが掛からないとかのオプションパーツ出してくれないですかね。

それとカーナビね。よく盗難の対象になるらしいけれど、30万円近くした人生初の本格的カーナビなのでチョー嬉しかったのですが、音声による目的地入力をして一度も上手くいったためしがないんです。たとえば「シンジュク」と声を出します。すると「シンリョク」とか「キンリョウク」とか「キンニク」などと反応したような気がする。おいおいキンニクとかシンリョクとかキンリョウクという地名があるわけがないだろう。あったら行ってみたいぞ。で、こんなこと気にするのは私だけでしょうか。悩んでいます、落ち込んでいます。機械にバカにされたみたいで。音声入力はしばらく頑張ったのですが今は諦めてもう使っていません。いっそ、このマイクは車内カラオケ用として使えないものか。

以前にパソコン用の音声入力ソフトを数千円で買ったことがあるけれど、こっちの方がはるかに快適だった。なんであれから10年以上も経過していて、こんな次元のものを売っちゃっているわけ?テレビやラジオのアナウンサーの方々は、カーナビの音声入力って上手くいっているんだろうか。そこが知りたい。というかプロでなければ使えない音声入力だったら駄目じゃん。かといって不明瞭な音声や方言に適確な対応したらノーベル賞ものかもね。ということで、3万円前後のカーナビで十分かもね。

ちなみに皆さんはカーナビで現在地を緯度・経度で即座に画面に映し出せますか?もしも事故に遭って、あるいは発見して救急車に知らせるときに場所が特定できて確実で早いんだって。実際にはまだ知らせたことはないけれど、初めての場所や山の中などへんぴなところだと確かに役立つよね。その前に携帯電話がつながるかどうか不安!

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 6:12 PM

もうちょっとだけ猫の話

犬猫が好きになったのは小学生の頃からだろうか。小学生の時に新聞配達をしていたのだが、飼っていた猫のチャーミー君。これがまたまた忘れられない猫だったんですよ。何と言っても新聞配達少年だったから僕は未明の寒い中で自転車を走らせるわけなんですが、僕の後をついてくるんですその猫が駆け足で。

かわい〜じゃあ〜りませんか。

お前は犬か?と問いかけると「ニャン!」と泣いたがどうか覚えていませんが。とにかく付いてきたんです。けなげなものです。

3つめのカドまで約300メートルほどかな。そこまで来るとチャーミー君は立ち止まって見送ってくれるんです。さすがに手は振ってくれませんでしたが。きっと前世は犬だったに違いない。寒い朝に一緒に起きる猫って超貴重生物かも。それもずっと何年も続いたんです。新聞配達は6年か7年ぐらいやったかな。たとえば配達で得たお金で卓球台を買って家の中でやってましたね。妹はインターハイでベスト8だったほどで結局、妹には勝てなくなったけど。ともあれ僕もネコ君もサウスポーで一緒にやっていました(はい、ネコのサウスポーはウソです!)

新聞配達や学校から帰ってくるとそれはそれはネコちゃんは凄い喜びようで足にまとわりついてきて、もう大変!でした。

で、高校生になったあるとき、夜中に何だか部屋がクサイではありませんか。目が覚めて、これはウンチに違いない。と必死に探したがない。

やっぱり気のせいか。と思って再び夢の中へ。

朝起きて、さあ教科書を鞄に入れて、と思ったときに見つけました!

あろうことか、鞄の中にやってくれたんですよ、あれを!

くそ〜、チャーミーのヤツ、やりおってからに〜。といいつつナデナデ。

昨晩、机に向かって真面目に勉強していたときに僕の事を邪魔しようとしたのか、遊んで欲しいのか、あからさまに教科書に覆い被さるではありませんか。なんて、ふてぶてしいやつ!無愛想に机から降ろしてしまったのが原因なのか、その仕返しにヤツはやったに違いない。でも、よりによってわざわざ鞄の中にやるか?なんでわざわざ鞄の口を開けて狭い中に入ってやるか?お前は変態か!少なくとも俺はやらんぞ!ちなみに山手線の中でやったヤツが昔の某編集部にいました。民法第34条公序良俗に反する違法行為であります。ほんとか?

朝の見送りといい、鞄の中の爆弾といい、しかも悪ふざけが過ぎて、池に飼っていた鯉をパシッとやってくれたのは数回。親父が大切にしていた大きな錦鯉もネコパンチの一撃でコロリ。もちろんチャーミーのために鯉の刺身にした、なんてことはありませんけど。思い出多きネコちゃんでした。

とまあ、古いネコの話はほかにも10パターン以上にわたって山ほどあるのですが、さあ、バイクのインプレを書かなくては。締め切りが近い。こんなことをやっている場合ではない。で、これがまたまた最高のバイクだったんですよホントに。欲しい?ちと高いけれど、いいなあ。目立つし。

ちょっとこれも変態チックな車体&車輪の構成なんですが、想像以上に良い感じ。乗り心地はフラットでありながらゴツゴツこない。まさに猫足でした。

2月15日売りのBM誌のイタリアンバイクの試乗記事、読んでね(けっ、宣伝かよ! はい、そういうことでございます)。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 12:37 AM

アミーゴ!ドンデバモス!

実はこれ、1989年のメキシコで行われたバハ1000の時の写真なんです。エンセナダからバハ・カリフォルニア半島の南端にあるラ・パス(平和の意)までの1600キロを一気に駆け抜けるレースで無事に走り終えて、レース前に知り合ったメキシコ人に「帰りに俺のウチに寄れ!」なんて言われて行ってみたら、ほれこの通りに子供がたくさん。そこでいきなり始めました日本語講習。ムーチョ・グスト(初めまして!)と挨拶から始めて子供達は笑顔で「コンニチワ!」「コンバンハ!」うーん、いいね。バリバリの反応をしちゃうしすぐに覚えるから嬉しくなって、いろんな挨拶や数字やクルマや犬などおよそ知っている単語を楽しく教えちゃいました。ウノ・ドス・トレス。はい一緒に「いち、にー、さん」なーんてノリ。それにしても子供は可愛いから時を忘れて二時間以上やっていました。だからタコスなどのせっかくの家庭の味が楽しめなかったけれど、子供とわいわいやるのがやっぱり幸せ。ほんとに子供は世界の宝ですね。

で突然話は変わるけれど、猫。ちなみにその昔、世田谷通りを夜歩いているときに小さな猫ちゃんがいきなり飛びついてきたのです。その猫は飼い主がいないようなのでアパートに持ち帰って餌をやって、臨時で作った箱で寝てもらったんだけど、朝起きたら布団の上で凄い

ゲーリークーパー!!!!

必死で二度三度洗ったけど目には涙。いえ、私がです。だって田舎から送ってもらった新品の布団だったのですもん。でも、猫をしばくことはしません。可愛いんだもん。とにかく「頼むからなあ!」とスペイン語?言い聞かせて翌朝、またまた

ゲーリークーパー!

お見事!古い布団にもしてくれました。さすがに一回目よりもお腹が回復傾向にあったのか、被害は少なかったのですが、二日間にわたり、私は布団を洗い続けたのです。はい。

ということで、メキシコと猫ちゃんは忘れようにもけっして忘れられない大切な思い出のひとつ。おっと、それから約二年後のこと、善福寺公園を夜歩いていたときにも突然、猫ちゃんが胸に飛びついてきましたが、さすがに連れて帰りませんでした。あの時の恐怖が蘇ったのです。

出会ったいろんな人たちと猫ちゃんとワンちゃん、いつか一緒に、どこかへ行こうよ!

ドンデ・バモス!

e383a1e382ade382b7e382b3e38390e3838f-029

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 3:00 PM

旅立ち

娘がまた飛び立った。今度帰るのはクリスマス前らしい。いつかは離れていくのだから、今の段階はその予行練習ともいえるかな。世で言うところの親離れではなく、子離れか。病気や怪我をせずに、これからも元気でいてくれたらと思う。搭乗口ゲートで最後に「良い時代に生まれて良かったなあ。右肩上がりの景気がよい時代よりも、今の方がはるかに厳しい時代だから、それだけ早くしっかりしなきゃいけないんだ。だからいいんだと前向きに捉えて欲しい。自分がイチバン何をしたいのか。明確な答えがあと1年半で見つかるといいね」と言いたかったけれど、言えなかった。でもきっと、このブログを見てくれていると思う。趣味のバイクだって、ちゃんとやると奧が深い。遊びだからこそ、きちんとやる方が心も体もしっかりと明日に向かっていけると思う。バイクを仕事にしている自分には遊びなのか仕事なのか、どうにも非分離の所があるけれど、ビジネス以前に人として、これからもっとちゃんとやっていきたい。といいつつまあ反省だらけの毎日です。毎日が旅立ちの時に思う強い決意でありたいなあ。

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 5:22 PM

いよいよKRSがスタート!

09−1−7。うーん朝からきっちり晴天!晴れ晴れ最高気分の南横浜でKRSことカシワヒデキ・ライディング・スクールがいよいよスタートしました。
正直と〜っても嬉しいです!

いろいろな方の励ましがあって、やっと実現できたからです。

まあ、今回は「初めてのブログ」ということで長めの文章になります。で、いきなりなんですがKRSは「速さ」よりも、世界のどんな道にも通用し、世界のどんなバイクも楽しめる「上手い走り」を目指しているんです。このなかには「安全と楽しさ」がふくまれているのですがKRSのトレーニングは、けれどもシンプルなのです。

 動作を単純化して簡単な次元から積み上げて確実性を増す。確実になったところで他のテーマを組み合わせて再度セルフチェックしてみる。できなかったら問題点を把握し、最善の改善策を練って実行する。そしてふたたび技術を複合化していく。たったそれだけです。

小さな子供が積み木を重ねて高くしていき、ある高さまでいくとグラグラ。そしてあえなく壊れてしまうことが多いのですが、KRSは違います。つまりスタートの前に確認すべきことをちゃんと確認し、積み上げる最中も対応策を練りながら進めて、ふらついたときも早めに気がつく形で「積み木」をやります。本当の「積み木」では怪我をしないけれどバイクはわずかなミスでも大問題になりやすし、バイクは一般交通社会という社会参加があるのですから。
むやみやたらに根性や度胸や体力だけの反復練習はしませんが、ちょっと愛嬌は使います。というか笑顔もセットでやるという方式です。

 でね、話は大きく脱線するんですが、ごくたまにいるんですよ。チョー意地の悪い方が。たとえばクラッチを使わないフルステア状態でステップが地面に当たるまでのフルバンクのUターンをやってくれ!柏 秀樹ってそれが特技なんだろ?それが見たいのじゃ!などと注文をしてくれるわけです。嬉し〜いじゃありませんか!と笑顔だけど・・・。
 

だってCBR1100XX(XXはダブルXとか俗にバツバツなどと呼びます。すでに生産されていません)というバイクなんですよ、これが。それを知っていて私に失敗させようとしている、としか思えない。だって前後輪連動式ブレーキのバイクなんですよ。皆さん、わかりますこの意味?

 たとえばリアブレーキペダルだけを踏んでもフロントブレーキが掛かってしまう。だからフルバンク・フルステア中に、このブレーキペダル操作が他のバイクよりも何倍もシビアになるのです。強く踏むとフロントブレーキがギューと掛かって一気にバタンと倒れるのです。この「一気」は想像したくないぐらいに「急」なんです。普通の前後輪が別々に作動するタイプとは異なる「急」があるのです。

 イメージしてください。皆さんがハイスピードコーナリング中にフロントブレーキを強くガツンと掛けますか?かけないでしょ?というかそんな怖いことできないですよね。これと似ているけれど同じではないが、怖いという共通点がある。
 

 はい、XXで一応やりましたが、もう2度とやりたくない。これが本当の××(バツバツ)ってやつです。もう見栄を張る気もありません。安全なことだけをきっちり伝える。すぐに公道で役立つ安全技術を、その夕方には具体的に持って帰っていただくことを最優先する。危険性を敢えて避けて、それでも十分に安全で楽しいことを率直に楽しむ。役に立つことを優先し、見せるためだけのことは「やらない勇気」をもって新生KRSを始めたのです。

ちなみにホンダの前後輪連動式ブレーキはすでに大幅に改善されていて低速走行時のリアブレーキ操作でのUターンなどの扱いやすさをきっちり確保した構成に進化していますのでノープロブレム。それでも上手くできないときはKRSへどうぞ!とやっぱ宣伝か。

あの時のCBRの方へ、

KRSが開校したのだから、邂逅(かいこう)気分でまた来て欲しいなあ。なんて駄洒落を言っている場合ではない。あれから時が経ち、相応に成長進化している私を見て学ぶことがきっとあります。

バイクは人と人の気持ちをつなぐ「コミュニケーションツール」。

そしてある時は勇気や元気を生み出してくれる「走るビタミンC」。

「乗っているこの瞬間を大切に思い」「あの時」も愛おしく大切に思い出したくなる。

そんな前向きな気持ちになるバイク、人生を豊かにしてくれるバイクが、好き。

記念すべきKRS第1回目を受講していただいた方、ありがとう。

正月明けだから仕事が休めないので受講できなかった方も、

やっぱりきちんと基礎テクニックと考え方を大切に育んでいきたい方も、

笑顔でお待ちしています。

                 KRS校長 柏 秀樹

Filed under: ひとりごと… — Hideki Kashiwa 2:11 AM
2009年1月
    2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031