KRSとは

笑顔でいつまでも
安全に楽しく走り続けよう

  • バイクは自由の翼。
    常識にとらわれず、ひとつに固執せず、
    淀むことなく、無限の時空を駆け抜ける時、
    喜びが生まれ、智が育まれ、
    集う人の輪から新たな文化創造が始まる。
    KRSは、バイクという翼を広げて
    大空へ羽ばたく貴方を応援します。
  • 笑顔がどんなときでもイチバン素敵。
    いくつになっても、走り続けられるって素敵。
    安全はけっして退屈ではない!を知る感性こそ素敵。
  • かけがえのない貴方のための安全進化を、
    貴方自身で強く深く実感していただきたい。
    そのためのKRSです。
  • 貴方の、ご来校を心よりお待ちしています!

KRS校長 柏秀樹サイン

INSTRUCTOR

KRSライディングスクールの講師紹介

柏 秀樹Hideki Kashiwa

  • 大学院生(商学研究課博士課程)の時代に、作家片岡義男氏とバイクサウンドを収録した「W1ツーリング~風を切り裂きバイクは走る~」を共同製作。大学院修了後にフリーのジャーナリストとして独立。
  • 以降、ダカールラリーを始めとする世界中のラリーを楽しみながら、バイク専門誌の執筆活動や全国各地でトークショー出演などを行っている。
  • バイク遍歴60台以上、総走行距離100万キロ以上、そして日本中の主要ワインディングロード、林道のほか世界の道を走ってきた経験をもとに2003年に始めたライディング・アート・スクールをリニューアルして2009年から新たにKRSこと柏 秀樹ライディング・スクールを開校。バイクやクルマの安全と楽しさを一人でも多くの人に熱く伝えることを生き甲斐にしている。
  • 現在の愛車は12年型トライアンフ・エクスプローラーとセロー250ほか。

福田 隆夫Takao Fukuda

  • バイクは16才から。レース開始は22才と遅めだが、50や125だけ速いというピンポイント的な速さではなく、50~1000ccまで様々なレースカテゴリーでトップ争いが出来る世界最高のライディングを常に追求してきた。
  • 2009年はツインリンクもてぎのショートコース選手権で50ccのSP100分耐久に出場し、相棒の遠藤選手とシリーズチャンピオン獲得。2010年同レースの第1戦でも優勝。
  • また、累積標高差4~5000mを超える山岳縦走マラソンレースにも毎年多数出場し、2009年は全10戦に出場。「釣りキチ三平」と自負するほど釣りも高次元。これら複眼の視点を持ちつつ、これまで培ってきた膨大なライディングノウハウを、わかりやすく、そしてやさしくKRSの受講生にお伝えすることに情熱を注いでいる。
  • 現在の愛車は07年型XJR1300。
福田 隆夫

国際A級レーシングライダー
1969年生
東京都出身